漫画の25周年のための野心的なJRPG

尾田栄一郎がワンピースオデッセイのために開発したオリジナルストーリーとアディオを含む新キャラクター。

ILCAスタジオによって開発され、 ワンピースオデッセイ ターン制の戦闘と本格的な没入型の世界を備えたまったく新しいロールプレイングゲームです。 旅の途中、麦わらの一味は海で大嵐に巻き込まれ、サウザンドサニー号が完全に粉々になった不思議な島にいることに気づきます。 したがって、モンキー・D・ルフィの乗組員は、海に戻ることができるように、解き放たれた自然の真ん中で、住民だけでなく強力な敵にも会いに行きます。

「「最近考えていたのですが、3年前にキャラクターを描いたのではないですか? ははは! でも実際にゲームを見たとき…すごい! 映画を見ているような気分でした! なんて信じられないほどの没入感でしょう。「ワンピース漫画の作者である尾田栄一郎は言った。

ワンピースオデッセイの開発者日記

バンダイナムコプロデューサーの都築克明は、次のように述べています。この新しいプロジェクトのジャンルはJRPGです。 ワンピースがこのように開発されてから久しぶりです。 ワンピースファンやJRPGファンが体験して楽しめる壮大な麦わらの一味のドラマアドベンチャーをお届けできればと思います。 ワンピースの一番の魅力は冒険だと思っていたので、JRPGのジャンルをベースにしたプロジェクトは、これまでにないワンピースの冒険体験を提供するのにとても面白いと思いました。 それで、それは次の質問を念頭に置いています、「ワン​​ピースの冒険は何を提供するべきですか?」 そして、本格的なJRPGを作成するために必要なノウハウを持った開発チームと協力してワンピースの世界を発見する壮大な冒険のコンセプト。 この長期的なコラボレーションの成果はワンピースオデッセイです。 前にも言ったように、このプロジェクトのコンセプトはワンピースの世界を発見するための壮大な冒険です。 プレイヤーがアクセスできる場所を拡大する必要があり、オリジナル作品にできるだけ忠実になりたいと思いました。 そこで、ワンピースの世界を盛り上げるキャラクターやモンスターをデザインした尾田栄一郎さんにアドバイスをお願いしました。

彼は次のように付け加えます: “このタイトルの特徴は、JRPGであるということです。 私たちは、宇宙の壮大な冒険を網羅するゲーム内のワンピース体験を作成することに焦点を当ててきました。 尾田栄一郎がデザインしたアートワークと、これまでに開発されたマンガやアニメの背景をもとに、アートチームがワンピースの世界を構築するために作成したさまざまな背景を取り入れました。 したがって、私たちは冒険のために現実的で没入型のシーンを準備したと確信しています。 そして、このタイトルの最も魅力的な点は、麦わらの一味を使ってこれらの環境で冒険をする可能性です。 これらの環境に加えて、麦わらの一味、ダンジョンでの体験、さまざまなクエストなど、ワンピースJRPGのユニークな体験がゲーム全体に散らばっています。 それらは将来徐々にあなたに提示されます。 本日公開されたワンピースライセンスの最新ゲーム「ワンピースオデッセイ」は、これほどまでに細心の注意を払って開発された最初のタイトルと思われます。「「

Leave a Comment

%d bloggers like this: