東京の原稿執筆カフェでは、作家は締め切りに間に合わせることができ、締め切られるまで出て行けません。

日本をテーマにしたカフェの多くは、「不思議の国のアリス」の設定でマイクロブタと遊んだり、再現された「カウボーイビバップ」の世界を賞賛したりするなど、忙しくするための楽しいアクティビティを中心にしています。

オンラインで話題になっている東京の高円寺地区のカフェは、あなたを忙しくさせる別の方法を持っています。 それは原稿執筆カフェと呼ばれ、設定された期限内に働く必要がある作家のための安全な避難所と拠点として機能するように設計されています。

しかし、それは単なるカフェのテーマではありません-それは実際のルールです!

オーナー川井拓哉(@Takuy​​aKawai)カフェの写真とその一番のルールを共有しました。カフェを使用するには、締め切りに間に合うように作家である必要があります。

「原稿執筆カフェは、執筆期限のある方のみを歓迎します!これは、カフェの集中力と緊張感を維持するためです!ご理解のほどよろしくお願いいたします。」

公式ホームページで写真を見ることができるカフェは、使用時間ごとに課金されます(最低30分、次にコーヒーの注文で1時間ごとに-現金は受け付けていませんが)USBポートでの書き込みが可能です、Wi-Fiおよびコンピューターのサポート。 カフェでは、お客様が食べ物や飲み物を持参したり、配達したりすることもできますが、次のようなかなり厳格な書き込みルールもあります。

  1. 入店の際は、受付で何語、何時に原稿を書くかを書き留めてください。

  2. マネージャーはあなたの原稿の状態について毎時あなたに尋ねます。

  3. 原稿の執筆またはプロジェクトの執筆が完了するまで、店舗を離れることはできません。

どうやらゲストはスタッフがあなたの進歩をどれだけ徹底的にチェックするかに応じて異なる「コース」を選ぶことができます。 たとえば、「S」クラスでは、彼らがあなたを非常に積極的に押し付けているのを見て、「M」クラスでは、彼らにもっと穏やかにそれをさせます。

店内の「原稿執筆」には、「翻訳作業」「提案書」「レイアウト作業」「画像処理」などがあり、幅広い層にアピールしていることがわかります。

しかし、これらのルールを使用すると、店内では、仕事を成し遂げるために自分でプレッシャーと戦うときに、周りの人の緊張と焦りを感じることができます…

Twitterの多くの人は、店が緊張した雰囲気を守り、ルールを書いていることに面白がっていました(そして当然のことながら脅迫されていました)。コメントを残しました。

「『店内の緊張を保つ』と笑いました。ある意味、魅力的です。」

「プレッシャーが大きすぎる!」

「もし私だったら、店を出ることができず、そこに住まなければならなくなってしまうでしょう。」

「一定の条件を満たす場合にのみ入店できるカフェ。」

執筆のモチベーションをもう少し高めたい場合は、Manuscript Writing Cafeにアクセスして、毎月のポップアップ日(2週間ごとに設定された日付で実行されます)に注意してください。

続きを読む日本のブドウの物語。

-親戚を訪ねると、男はトイレがサイレントヒルに変わったことを発見する

-日本の田舎の女性の犬との生活は、ジブリ映画から生きていると人々に思わせます

-都会の女の子が田舎の生活力を披露し、一から作ったタピオカティーに驚愕!

  • 外部リンク

  • https://grapee.jp/en/

©グレープジャパン

Leave a Comment

%d bloggers like this: