出版社と印刷業者が不足に直面してどのように生き残るか

本や雑誌を作るための原材料の不足は続いており、ここ数週間で増加しています。 出版は、吸収することがますます不可能になる価格の上昇を恐れています。

2022年は出版のすべての危険の年になるのでしょうか? 最初の監禁が終わってから激しさを増している紙不足は、さらに悪化し続けています。 コストが高騰し、出版の大部分、特に本や雑誌の独立した出版社は、消えないように根本的な決定を下さなければなりません。 しかし、値上げなどの実施された行動は、実際の解決策がない状況への一時的な支援を提供するだけです。

ここ数週間、状況は戻ってこないところまで来ているようです。 3月末、フィンランドとスウェーデンの製紙会社Stora Ensoは、4つの生産拠点の販売プロセスを開始しました。 15日後、業界のもう1つの主要プレーヤーであるイタリアのFedrigoniが設立されました 別の値上げ。 一方、世界最大の製紙会社の1つであるフィンランドのグループUPMの労働者がストライキを行った。 112日後に終了しました。

「現時点では、それは非常に複雑です」と、イタリアの会社LaTipograficaVareseのフランスのコマーシャルディレクターであるBFMTVPhilippeBretagnolleに確認します。 「ほとんどの紙はスカンジナビアの製紙会社によってヨーロッパで供給されています。これらの製紙工場は大規模なストライキに見舞われ、紙の生産が大幅に減少し、不足現象を引き起こしました。」

「新しい問題がなければ一日は過ぎません」と、マドリガルグループ(キャスターマン、ガリマールBD、フュチュロポリス、ドノエルグラフィック)のプロダクションマネージャーであるフランスモリーンは嘆きます。 「ファイルを絶えず確認する必要があります。今日行っていることは明日もやり直さなければならない可能性があります。チームはこの余分な作業を吸収するのに苦労しています。これは膨大です。決して終わっていません…」

「問題は医薬品です」

2020年3月のパンデミック開始以来の通信販売(Amazon、Deliveroo)の急増により、紙の不足が板紙ブームに直結しているため、状況はさらに微妙です。「インターネットを介した世界的な注文板紙の需要が爆発的に増加しました。本を作ることがはるかに少なくなるほどで​​す」と、Bragelonneエディションの制作ディレクターであるJulieAlinquantは心配しています。

しかし、「アマゾンは、紙を板紙に変える際のほんの一滴に過ぎません」、ニュアンスのフィリップ・ブレタグノール。 「問題は医薬品です。製薬会社が医薬品を包装するために紙として購入したものの量を考えると、製紙業者は、本を作るための紙を作るよりも、紙を包装に変える価値があります。これらの人々はそれをより多く購入するからです。高価な。”

Stora Ensoは、紙から板紙に切り替える製紙会社の1つです。 グループのスポークスマンによると、製紙業界はもはや「戦略的成長分野」ではありません。 市場に出回っている生産者が少なくなると、リードタイムは長くなります。 危機の3週間から4週間前まで、遅延は6週間から6か月の待機になりました。 「そして、誰もが同じ船に乗っている」とフィリップ・ブレタグノールは報告している。

「私たちは皆、十分な紙を持っていない、選択をしている、一致しない紙を取っている。アシェットやエディティスのような最大の顧客でさえ、自分の紙の在庫を購入してプリンターに供給しているが、いくつかの間でやりとりしなければならないことに気付いた。通り抜ける製紙業者。」

「創造性にはさらにコストがかかる」

このコンテキストでは、遅延が累積します。 出版社の規模にもよりますが、長さは多少異なります。 独立したメイアンは、その完璧な版を延期することを余儀なくされました からくりサーカス 藤田和日郎 3月21日ではなく7月22日にようやく利用可能になります。 Hachetteグループの支援を受けて、出版社のMaraboutは5月11日にわずか1週間遅れて出版します。 クロスラブズ、成功した作家ローラ・ンサフォウによる最初の漫画本。

巨大なものだけがほぼ正常な生産率を維持することができます、とフィリップ・ブレタグノールは言います:「グレナ [l’éditeur de One Piece, NDLR] かなり強いキャッシュフローがあり、安心して供給してくれる製紙業者にすぐに支払うことができるのは幸運です。 すぐには起こりませんが、優先されます。 他の人は注文をしようとします、そして彼らはすぐに支払うつもりはないので、しかし45、50または60日で、彼らははるかに長い遅れで終わるでしょう。」

ヨーロッパの出版社が依然としてスカンジナビアの製紙会社に独占的に依存している場合、すべての製紙工場が今のところ価格を上げていない唯一の製紙工場である中国との取引を拒否します。 しかし、その増加は、一部の人が誘惑に屈する可能性があるようなものです。 「特に特定の論文では、この増加は莫大なものです」とフィリップ・ブレタグノールは回想します。

紙職人のFedrigoniは、市場で目立つのに理想的な、非常に人気のある紙を例外的なエディションで提供しています。 しかし、彼の価格は高すぎます。 「今のところ、創造性はさらに高価です」とコマーシャルディレクターは言います。 「ラムダ紙では、70グラムまたは80グラムのマンガの場合、約20%増加します。低グラムの場合、聖書の紙に近づくと、辞書の場合、増加は40%のオーダーになります。

「私たちはマージンを食べます」

本の製造に必要な原材料は紙だけではありません。 インクは12〜15%を占め、輸送の問題が増加し、アルミニウムはロシアとウクライナの戦争の副次的な犠牲者です。 ロシアはアルミニウムの最大の供給国の1つですが、ウクライナではアルミニウムが印刷用のプレートに変換されています。 「戦争で状況は少し変わった」とフランス・モリーンはコメントする。

この文脈では、このコストの急上昇を吸収するために価格の上昇は避けられません。 7月1日から有効になります。 ただし、このシステムには限界があり、Julie Alinquantは次のように主張しています。「増加の一部を吸収することはできますが、すべてを吸収することはできません。」 「製本された本の場合、それを行うことは不可能です。」 「私たちはマージンを食べています」、絶望しているフランスモリーン。 「ある時点で、制作への関心はなくなるでしょう!」

独立派にとって、値上げは奇跡の解決策ではありません。 「私たちは少し補償するために増加しましたが、それでも十分ではありません」と裏付けています マーク・モキン、編集長 レビューと修正、ヘリテージシネマに捧げられた雑誌。 彼は自分の雑誌のページ付けを減らし、より安価で低品質の紙を選ぶことができましたが、特に「雑誌の品質の1つがうまく作られている」ため、その後の値上げを正当化することは困難でした。

「出版をはるかに超えた影響」

価格が上昇し続けているため、状況を規制することはますます困難になり、フランス・モリーンはすぐに心配しています。 「新しい数の見積もりは前回と比較して増加しており、それ自体は前回と比較してすでに増加しています」と、マーク・モキンはたくさんいます。 「私たちは2,000から3,000部を印刷します。2021年3月の2,000部の費用は約5,000ユーロでした。2022年3月の費用は6,200ユーロです。」

編集長は、映画レビューのサポートを緊急に再評価するようCNCに訴えました。 2021年には、13の独立した映画雑誌( シネマティーザー7番目の執着シュノック)64,000ユーロの共有援助。 レビューと修正 3000ユーロを受け取りました。 「封筒は年々小さくなっています。2020年には、援助は80,000ユーロ以上でした。」

それにもかかわらず、マーク・モキンは、 レビューと修正 6月ですが、彼は「私たちがこのように続けることができるかどうか」を知りません。 出版側では、Bragelonneは板紙なしのペーパーバック作品について考えています。 「私たちは解決策を探しています」とJulieAlinquantは主張します。

限定的な編集オファー?

書店でも、危機の最初の影響はすでに感じられています。 出版社は、本を設定する際により多くの困難に直面します。 「以前は、印刷物を作成するために書店からの情報を待っていました」とJulieAlinquantは言います。 「今日、私たちはもはやできません。私たちは、それが本屋に興味があるかどうかさえ知る前に、印刷の実行を定義する義務があります。」

出版社を慎重にさせるパラダイムシフト。 「私の恐れは、それが社説の提供を制限することです」とジュリー・アリンカントは警告します。 出版経済における真の革命。 そして、そのカタログが主に一般大衆にほとんど知られておらず、書店の助けを必要とする作品で構成されている独立者の発表された死。 「私たちが立ち上げない著者がいるかもしれません」とJulieAlinquantは言います。 「あまり知られていないタイトルの場合、財務リスクは現在2倍になっています。」

「プリンターは消えます」

そして、プリンターとカートニエの側で来年の改善が想定される場合、エディションは価格が通常に戻ることは決してないことを十分に知っています。 「それは完全に治まるわけではありません」とジュリー・アリンカントは保証します。 「しかし、その一方で、供給の面で節約することができます。」

「そして多分人々はそれが非常に高価であると彼ら自身が言うことに気付くので、より少なく読むでしょう」とフィリップ・ブレタグノールは恐れます。 「紙はまだ少し持ちこたえていました。さらに増加があれば [des prix]、人々はさらにデジタル化するでしょう。 プリンターが消えます。 イタリアの大型プリンターは近年亡くなっています。 フランスにはあまり残っていない」と語った。

この文脈では、独立した出版社の存続は数ヶ月で数えることができます、とフィリップ・ブレタグノールは警告します。 「それは劇的です。2022年の終わりには、多くの人が死ぬと思います。」 「年末までに何をするつもりですか?」とマーク・モキンは尋ねます。 「停滞すれば大丈夫ですが、増え続けるとどんどん悪化していきます。それに直面するのはとても孤独です。」

Leave a Comment

%d bloggers like this: