ラカンの傑作のサポートとしてのアニメーション

私はよく映画の中でヒーローをロマンティックにしていることに気づきます(ラスベガスをやっつけろを参照)。 今回のフレーバーは、「パプリカ」や「パーフェクトブルー」などの映画製作の首謀者である今敏に他なりません。

今敏の作品に偶然出くわし、友達の依頼で「パーフェクトブルー」を見て、1、2週間後に「パプリカ」の上映会に参加した。

その夜、ミシガンシアターに足を踏み入れたとき、自分が何をしているのかまったくわかりませんでした。サイコスリラーに何年も没頭しても、おもちゃのバウンドや台本の繰り返しのパレードに備えることはできませんでした。映画と同じプロットラインは、それ自体の存在を理解しようとします。 何よりも、私は絶対に平手打ちで気が遠くなるようなサウンドトラックの準備ができていませんでした。

Leave a Comment

%d bloggers like this: