マンガの売上高は日本で2年連続で新記録を更新

日本では、封鎖期間中の旺盛な需要と携帯端末での読みやすさにより、マンガの売上が急増しました。 2021年の終わりには、2つの象徴的な出来事もありました。 ワンピース との 名探偵コナン

日本の出版界の研究機関である全国出版協会(AJPEA)によると、2021年の群島での紙とデジタルメディアでのマンガの売上高は6,759億円(4.94)と推定されています。億ユーロ)、前年比10.3%増、2年連続で過去最高を記録。 マンガは初めて、日本の出版市場全体の40%(40.4%)以上のシェアを獲得しました。

2020年の漫画市場は、封鎖だけでなく、鬼滅の刃の大成功の恩恵を受け、初めて6000億円を超えました。 2021年には減少すると予想されていましたが、実際の売上高は過去最高の10%の増加を記録しました。 (私たちの記事を参照してください:マンガとアニメ「デーモンスレイヤー」はどのようにして日本で社会現象になりましたか?)

メディア別では、デジタルメディアのマンガ売上高は、前年度比20.3%増の4,114億円(30億ユーロ)となりました。 紙(ポケットフォーマット)も0.4%増の2,087億円(15.3億ユーロ)、漫画雑誌は11%減の5,550億円(4億600万ユーロ)となった。

最近の動向によると、約2500億円(18億ユーロ)で、印刷物、文庫本、雑誌のマンガの売上高は横ばいです。 一方、デジタルメディアでのマンガの売り上げは5年間で2倍以上になり、市場シェアは拡大を続けています。

2021年の総販売本数は、ペーパーバックが2.8%減の3億7,085万部、マンガ雑誌が14.6%減の1億4,878万部と見込まれています。

研究所によると、これらの数字はマンガだけでなく成功によって説明されています 呪術廻戦 名探偵コナン また、2021年にウェブ上で発表された新しいマンガアプリケーションやシリーズの登場によっても。

マンガ ワンピース 1997年に出版されたその出版は2021年12月に100巻に達し、世界中で合計4億9000万部が販売されました。 の第100巻の出版 名探偵コナン1994年にシリーズが始まった、も特に注目されています。

(タイトル写真:100の発行の際に マンガ巻 ワンピース、幅18mの「巨大図書館」が2021年9月17日に東京で展示されています。ジジ)

Leave a Comment

%d bloggers like this: